看板の場所提供について

私は現在新潟に住む男性です。私の家は昔から農業をしており、私の父の代で終了する予定です。米作りをしており、田んぼを12枚ほど所有しています。最近私が住む地域では新しく分譲地が沢山出来てきて、新築の住宅が沢山建っています。それにつれて大型スーパーやアパラルのお店、パチンコ店など沢山人の流れが出来た事により出来てきています。先日私の家の田んぼが交通量の多い道路に面しており、そこに看板を立てたいと言う申し入れがありました。看板と言ってもほんの少しの土地に土台となる足を付けて目立つように上の方にお店の名前を見えるように置くもので、毎月契約料として5万円支払うと言われました。田んぼ自体は使用していなかったために、すぐに毎月の収入になるために快諾しました。その他にも申し入れが2件ほどあり、これはサイドビジネスと思い、両親は喜んでいます。

看板は静かな営業ツールです

飲み会をする、というので住所を頼りに行ってみたものの、なかなかお店が見つからない、という事があります。そんな時に看板があると「あ、あったあった!」と嬉しい気持ちになります。ただ道にお店お名前が書いた物があるだけで、その店を目指してきた客にとってはとても安堵感があるのです。看板というのは店の屋号を知らしめるものであるだけでなく、ここに店がありますよ、という道標でもあるわけです。置き型、吊るし型、バナー型など色々とありますが、どんな形にしろ、あるとないとでは大違いな営業ツールです。こういった物は以前はかなり時間をかけて作成されていましたが、今は技術の発達により注文したらわずかな時間のうちに直ぐに納品されます。自分のお店の名前を書いた営業ツールが届いて、これが静かなる営業ツールとしてお客さんを呼び込んできてくれるのですから看板の威力というのは凄いですね。

目立つ看板とは何か調べる

とにかく目立つ看板とは何か。看板は人が見てくれないと効果を発揮しません。まずは目に付く事が大事でしょう。道路で言うと、車が走っている道路横ではなく、信号機の近くであった方が、運転手にも見ることができるので効果は上がることでしょう。また、色も原色を使って目立たせておくと、見つけやすいのではないでしょうか。あとは、無意識に見ているものは、基本的に覚えておりませんよね。意識的に見てもらえる工夫が必要でしょう。そこで、私は変わっている物がオススメだと思います。ユニークな物であれば、意識的に見ることになりますし、今ではSNSがあるので、インターネットで話題となれば、より一層、宣伝効果が見込めます。デザインが全てでしょう。簡単に作り上げるのではなく、看板から宣伝効果をより一層上げるために慎重に作り上げて行くべきなのでしょう。