販売管理の機能に見積書の作成

見積書を作成するとき、よく利用するのが表計算ソフトだと思います。表形式に書類を作成するのが得意で、きれいに表示することができます。縦の計算、横の計算なども表示してくれます。作成するには便利なのですが、データを入力するときに誤ってしまうことがあります。データ自体は自分で入力しなければいけません。数字や商品名があります。販売管理の機能として見積書の作成があります。予め商品名と単価などが登録されています。後はそれを選んでいくだけです。選んで作成をクリックすると、それが一覧表示されます。もともとデータベースに入っているものですから、入力ミスはありません。後は見積の提出先の入力ですが、こちらもユーザーであれば登録しておくことによって選択するだけで入力することができます。実際に入力することが少ないので入力ミスを減らせます。

販売管理の機能は印刷イメージを画面で確認

表計算ソフトを使って表を作成して印刷をしました。予定としては1枚で収めるつもりでした。しかし印刷をすると2枚紙が排出されました。1枚目のしたの方の枠が少し切れ、2枚目の方にその部分が少しだけ印刷されていました。これによって紙が2枚無駄になってしまいました。こういうことを繰り返すと、資源の無駄使いにつながります。販売管理の機能の一つとして、印刷イメージを画面で確認できるところです。書類を印刷することが多くなります。その度に印刷をして失敗をしていたらプリントミスが大量に出てしまいます。事前にイメージが分かれば、それを防ぐことができます。見積で商品件数が多いと複数枚にまたがることもあります。この時も不自然に複数枚になるのではなく、同じフォームで出力されるようにします。枚数の表示などもきちんとされているか確認できます。

販売管理の機能では再請求の管理

データにおいては、それぞれ何らかの記録をすることがあります。その記録をしてしまうと、もう入力することはないですから入力画面に出てこないことがあります。これが困ることがあります。以前行ったことについて、また行いたくなることがあるからです。ただし、以前行ったことについての履歴はきちんと残すようにしたいです。販売管理において、販売をした後請求にチェックを入れます。そうすると請求日が記録されます。一度請求したので、再び請求することはできません。二重請求になるからです。でも支払いがされないときは催促として二重請求しないといけないことがあります。あるシステムの機能としては、再請求ができるようになっています。請求と入金が一セットになっていて、両者が両方入力されて初めて完了になります。再請求部分が別途設けられているので、そちらに入力します。